集中力 持続 サプリ

集中力を持続できないのはどうして?サプリメントの活用が効果的!

DHA・EPA配合サプリメントが集中力を持続させる

集中力を持続させるサプリメントはDHA・EPA配合!
何か大事な話をしている時でも、何となく注意力が散漫で内容が頭に入ってこない、集中力が持続しないと感じている方はいませんか?

 

ちゃんと聞いているつもりなのになぜか聞き逃したり、忘れてしまったりするようなことが多い場合には脳の機能が一時的に低下しているために、集中力を持続させるのが難しくなっているのかもしれません。

 

眠くなってくると脳が酸素を取り込もうとしてあくびが出て、考えがまとまらなくなったり、1つのことを集中して考えるのが難しくなるという経験をしたことがあると思いますが、集中できないと感じる時は単純に脳のエネルギー不足である可能性が高いのです。

 

そんな時におすすめなのがDHAとEPAを配合したサプリメントです。

 

DHAは脳の栄養として脳の活動を活発に、EPAは血液をサラサラにして流れをスムーズにする効果が期待できるので、まさに脳を活性化させて集中力を持続させたい方にぴったり。

 

そこで、集中力を持続させるのにおすすめのDHA・EPAサプリメントランキングを紹介しましょう。


物忘れを改善したい方におすすめのサプリメントランキング

 

きなり(さくらの森)の特徴

きなりは脳の栄養素として重要なDHAとサラサラ成分のEPAを合わせて510mg配合し、厚生労働省の推奨する1日当たりの摂取量の約半分を摂ることができます。

また、サラサラ成分として最近中目されているナットウキナーゼを加え、さらにEPAの10倍のサラサラパワーを持つといわれるDPAも配合している点も人気の秘密です。

初めてきなりを購入する場合は、初回の価格が約7割引きになり、しかも15日間の返金保証付きなので、DHA・EPAサプリメントを試してみたいという方にぴったりでしょう。

価格 初回1,980円
評価 評価5
備考

美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は1日分で摂取できるDHA・EPAの量が多いという点でしょう。

1日あたり1包を飲むことでDHA・EPAを750mgも摂取することができるので、普段の食事でDHAやEPAを含んだ青魚などを食べることが少ない方におすすめです。

通常価格は6,980円とちょっと高いのですが、初回は1,000円で試すことができ、2回目以降も割引が適用されるので、とにかくたくさんDHA・EPAを摂りたい方にぴったりのサプリメントです。

価格 初回1,000円
評価 評価4
備考

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

大正製薬が作ったこちらのサプリメントは、DHA・EPAの配合量は600mgと1日の推奨量の6割を摂取することができ、しかも酸化防止のために1包ずつアルミ包装で小分けになっているので、常に鮮度を保った状態で外出先でも手軽に利用することができます。

通常も通常は4,000円のところ初回75%OFFの1,000円なので、返金保証が無くても良いという方には大正製薬のDHA・EPAもおすすめです。

やっぱり服用するものは馴染みのあるメーカーのものが良いという方は、こちらのDHA・EPAサプリメントがピッタリだと思います。

価格 初回1,000円
評価 評価3
備考

集中力を持続させるにはどんなことが必要?

なかなか集中が持続できなくて、仕事でミスをしてしまったり、頼まれたことを忘れてしまったりすることが増えてきたと悩んでいる方は多いと思いますが、このような状況を改善するにはどんなことが必要でしょうか?

 

結論から言ってしまうと、集中力を持続させるには「頭が冴えていること」が重要です。

 

これだけだとイメージしにくいと思いますので、まずは自分が集中している時と集中できないときを思い出しながら、「集中している状態」とはどんな状態で、「集中力が持続できないのはどんな状況か」を考えてみましょう。

 

集中するとは

集中している時というのは好きなことに没頭しているようなイメージがありますが、好き嫌いという感情を無視して考えると、「1つのことに没頭できている状態」ですね。

 

それが好きであれ嫌いであれ、今取り組んでいることと関係のないことは考えずに必要なことだけに焦点を当てて続けることができている状態です。

 

今必要としている情報を脳に取り込み、その情報と関連があってすでに頭の中にある情報をしっかりとリンクさせることができているわけです。

 

だから、情報を聞き漏らしたりすることも、無関係のことを考え始めることも無く、情報をしっかりと理解することができるのです。

 

このように取り入れた情報を既存の情報とうまく関連付けることを無意識に実施できる状態を「集中できている」と認識しているのです。

 

集中できなくなるのはどんなとき?

では次に、集中できないとはどのような状態でしょうか?

 

集中できないと感じるのはまさに先ほどとは逆の状態で、取り入れた情報をうまく処理することができない状態です。

 

例えば、人の話を聞いていてもいまいち内容が掴めなかったり、仕事で書類を作成しながら全く関係のない休日の予定を思い浮かべたりしてしまうのです。

 

これは簡単に言ってしまうと「頭が働いていない」状態で、必要な情報を取り入れることも、取り入れた情報を脳内の情報と関連付けることもうまくできてないなのです。

 

誰もが経験したことのある状況だと思いますが、どんな時に「頭が働いていない」と感じるでしょうか?

 

その代表例が「眠いとき」です。

 

私たちの身体は休息が必要になると血流なども抑えて体を休ませようとするため、脳へ流れ込む血液の量も減り、結果的には脳を働かせるのが難しくなります。

 

そうすると、脳細胞同士の情報伝達がうまくいかず、結果として短期記憶もうまくいかないし、脳内の情報を関連付けることもうまくできないため、注意力が散漫になり、自分でも何をしようとしていたのかわからなくなるような状態になってしまうのです。

 

つまり、集中力を持続させたいのであれば脳への栄養を届ける血液をしっかりと流してあげて、脳の働きを活発にしてあげることが大切なのです。

集中力を持続させるためにDHA・EPAを摂ろう

集中力を持続させるためにしっかりと脳を働かせるには、血液を通して脳に必要なエネルギー源をしっかりと送ってあげる必要あると説明しました。

 

では、具体的にどのようなことを実施すればよいでしょうか?

 

おすすめなのがDHA・EPAを摂取することです。

 

DHA・EPAというのは青魚の脂に含まれる脂肪酸なのですが、DHAは脳の栄養となって脳細胞同士の情報伝達を活発にする効果があるといわれており、さらにEPAは血液をサラサラにする効果が期待できるので、まさに脳を活性化させるのにぴったりなのです。

 

ただ、DHA・EPAを毎日の食事でしっかりと摂るためには、カツオだと30切れ以上、マグロの赤身でも20切れ以上食べる必要があるため、現実的に難しいのです。

 

そこで便利なのがDHA・EPAサプリメントなのです。

 

サプリメントであれば1日あたり数粒程度で済むので、毎日魚を食べるよりも簡単かつ経済的です。

 

もしも集中力を持続させることができなくなってきたと感じていて、何かしらの対策をしたいと考えているのであれば、DHA・EPAを配合したサプリメントを摂ることを検討してみて下さい。